イヌのリコと人間のmacoの心温まるストーリー(になる予定)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
誤った教育プログラム
リコ、リコまたひとつ賢くなったの。

はい。えっと。うん。微妙。それはお散歩中の出来事でした。わたしとリコ、そして飼い主その2でお散歩をしていたのです。飼い主その2が「もってこい」を教えるべく不意に履いていた草履を片足ぽいっとなげたのです。するとどうでしょう。リコは草履に駆け寄りくわえてもってくるのです。リコを力いっぱいほめ称える飼い主その1&その2。もってきたあとなかなか草履を放してくれませんが、もってこいがなんどもできたのです。リコはほめられてとても気をよくしているようでした。

リコえらーい。

問題は帰宅後に発生いたしました。リコがリビングに草履をくわえて足取り軽く現れたのです。それはもう得意顔で。リコは草履をもってくれば褒められると思ってしまったようです。明らかに飼い主その2の教え方の失敗です。おかげで玄関に草履を置くことができず下駄箱に収納する羽目になりました。つっかけて出たいときに一番便利な履物なのに。

飼い主1と飼い主2は何をもめてるのかな。リコ、はやくほめてほしいの。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© イヌと人間の暮らし. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。